2010年07月16日

藤井流犬のしつけ術の3つのポイント

どんな犬種でも効果的にしつけることができる方法として
藤井先生が重要といわれるのが、

【リーダーウォーク】
【ホールドスティル&マズルコントロール】
【タッチング】

の3つのしつけ方法です。

【リーダーウォーク】は、犬と歩く時に、常に飼い主さんの主導で
お散歩することにより、常に飼い主さんがリーダーであることを
愛犬に教えていきます。

【ホールドスティル】は、後ろから抱きかかえる姿勢を指し、
これによって愛犬は飼い主さんに対して信頼を感じるようになります。

【マズルコントロール】は、愛犬の鼻面・口吻などのいわゆる鼻口部
を支配することで服従性を高めます。

【タッチング】では、犬の体のどこをさわっても抵抗しない犬を目指します。
飼い主さんと愛犬とのキズナを築くうえで、愛犬にさわることが一番大事です。

詳細はこちら


これら3つをしっかり行うだけで、主従関係が出来上がっていき、
無駄吼え、噛み付き、飛びつき、拾い食い、トイレなど
あなたの愛犬の様々な問題行動がなくなっていきます。

もしも、愛犬が悪いことをした時に「大声で叱っている」、
「叩いてしつけている」、「目を見て言い聞かせている」、
このようなしつけを愛犬にしている場合は、直ぐに止めて下さい。
あなたの愛犬の問題行動をさらに悪化させる結果となります。


日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD




posted by どっちがペット? at 13:54 | TrackBack(0) | 藤井聡のしつけ方詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。